お知らせ
コンサート情報
ピアニスト・音楽家 久米詔子のFacebook

ブログ内検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

最新の日記

最新のコメント

過去の日記

過去の日記

最新のトラックバック

プロフィール

その他

久米詔子の日記

あなたの心が幸せ色に染まりますように

<< 藁納豆 | main | 聴音とは? >>
ご報告

JUGEMテーマ:音楽


1992年の結成時より音楽監督を務めてきた佐賀女子高等学校ハンドベルリンガーズが、部員不足の為、昨年度をもって約26年の幕を閉じました。
先月の学校職員会議で発表され、本日、私も校長より直接話をお聞きしました。



今でこそ日本でも「音楽療法」と言う言葉が耳慣れてきましたが、昭和40年代に音楽療法に取り組み始めた神戸の向陽病院から寄贈されたイングリッシュハンドベル。
向陽病院の故:山口陽雄先生&紅子先生、病院の皆さま、頌栄短期大学元学長の阿部恩先生、佐賀女子高校の故:中島ユキ理事長、七田育三元校長、元顧問の下村豊子先生をはじめとする歴代顧問の先生方、そして何よりもリンガーズOG達、みんなの想いがいっぱい詰まった大切な楽器。
沢山の人々に愛され、可愛がって頂いたリンガーズですが、どんな楽器よりも責任感や協調性の必要なハンドベル。
今の時代にはそぐわないのでしょうか・・・。
女子高の職員でない、単なる部活指導者の私には、どうすることもできない不甲斐無さ。
毎年、演奏を楽しみに暖かく迎えて下さった皆さま、本当に申し訳ございません。
そして、長い間ありがとうございました。
ハンドベルを通じて音楽の神様から頂いた宝物を心の糧に、これから心機一転頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
| ハンドベル | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:16 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fantasic-p.jugem.jp/trackback/3047
トラックバック